ご挨拶

平素は日本アコモデーションファンド投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申しあげます。

本投資法人は、2006年8月4日の東京証券取引所不動産投資信託市場に上場以来、本日まで順調に資産規模および運用実績の積上げをして参れましたのも、一重に投資主の皆様をはじめとするステークホルダーの皆様のご支援の賜物と、深く感謝いたしております。

本投資法人は、人々のライフスタイル変化や社会情勢に伴い多様化する居住や宿泊に関するニーズに対し、滞在空間や滞在時間において利用者の期待に応えることができる資産をアコモデーション資産と定義し、これらを適切に運用して行くことで安定的な収益の確保を図ります。

ポートフォリオの中心は、東京23区に立地する利便性と居住性を兼ね備えた賃貸住宅であり、スポンサーである三井不動産グループが開発した「パークアクシス」シリーズと、第三者から取得する「パークキューブ」シリーズとなります。また、居住・宿泊関連のその他の施設については、これらを「ホスピタリティ施設」(寮、社宅、シニア住宅、宿泊施設 等)と定義し、一定量をポートフォリオに組入れることにより資産の拡充を図ります。

従来より、賃貸住宅を中心とする居住用不動産は、収益面での安定性が大きな特徴であると言われて参りました。本投資法人では、その特徴が十分に発揮され中長期的な投資主価値が最大化されるよう、着実で戦略的な資産運用に努めて参りたいと考えております。

併せて、昨今の私たちの社会が抱える様々な課題の解決については、例えば国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」等のベンチマークがありますが、本投資法人においても、スポンサーである三井不動産グループの「グループ環境方針」及び「社会貢献活動方針」のもと、今後とも一層ESG(環境・社会・ガバナンス)を重視した経営に取組んで行く考えです。
本投資法人がその資産の運用を委託する株式会社三井不動産アコモデーションファンドメネジメントでは、2016年度より「サステナビリティに関する方針」を制定し、定期的な見直しを経ながら着実にESG課題に取り組んでおります。2019年度におきましては、取り組むべきESG上の重要課題(「マテリアリティ」)を特定し投資法人との間で共有を図りました。
今後とも本投資法人は、ステークホルダーの皆様との信頼と協調を大切にしながらサステナブルな社会の実現に向けて、企業市民としての責任を果たして参りたいと考えております。

皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申しあげます。

執行役員 伊倉 健之
執行役員 池田 孝