1. Home
  2. 投資法人の特徴
  3. 三井不動産グループの活用

三井不動産グループの活用

本投資法人は、外部成長及び内部成長を図るため、三井不動産グループが有する情報収集力、企画開発力、管理運営力等の総合力を最大限活用します。

a.賃貸住宅事業のバリューチェーン

三井不動産グループは、賃貸住宅のマーケティング、用地選定・取得、企画・開発からリーシング、管理・運営に至るまでのそれぞれの業務を担うグループ会社を擁し、賃貸住宅に関する全ての業務をグループ内で完結する体制を有しています。本投資法人が賃貸住宅を取得し、中長期にわたり資産運用するにあたっては、資産運用会社はこのバリューチェーンを構成する三井不動産グループ各社のノウハウやサポートを活用します。

フェーズ 業務内容
マーケット
調査・分析
・経済、不動産、分譲住宅、賃貸住宅に関する各種統計資料・データ分析
・供給計画調査、新規供給物件の稼働状況調査、定点観測等によるマーケット動向の把握
・用地取得検討物件や開発物件の周辺競合調査、賃料・稼働率に関する豊富なトラックレコード等による
 ミクロマーケットの把握とニーズの検証
用地取得 ・マクロマーケットや潜在需要動向も踏まえた用地取得戦略の策定
・小規模物件の開発から複合開発・大規模開発まで様々なタイプの開発能力等に裏付けられる豊富な
 用地情報の収集
企画・設計 ・用途、居住人数、家族構成、ライフスタイルに応じた詳細なターゲット設定と開発コンセプトの策定
・ターゲットとコンセプトに合致した建物プラン、スペック、グレード、テイスト等の戦略的な企画
・デザイン性、安全性、機能性、経済性、メンテナンス性等の視点による戦略的な設計
施工管理・監修 ・三井不動産レジデンシャルの賃貸住宅設計チェックリスト等を活用した品質管理とコスト管理
・建築、構造、設備各方面のプロフェッショナル・スタッフによる施工現場管理や施工図面のチェック
リーシング ・建物プランの評価、市場環境や住環境の把握に基づく競争力のある賃料設定
・仲介業者ネットワークの活用によるテナント募集
管理・運営 ・テナントニーズの把握と適切な建物の維持管理
・適切な投資収益評価に基づくリニューアルやリノベーションの実施
・スケールメリットを活かした付加価値サービスの提供

b.アコモデーション事業の実績

三井不動産グループは、ホスピタリティ施設のカテゴリーに関しても、ホテルやサービスアパートメント、シニア住宅や学生寮など多彩な事業の実績を有し、マーケット調査や用地取得から企画開発、管理運営に至るフェーズにおいてのノウハウが豊富です。
本投資法人は、ホスピタリティ施設の投資運用において、これらのノウハウを最大限に活用して、資産の取得と安定した運用を遂行します。

c.三井不動産グループとのサポート契約

三井不動産グループのバリューチェーンやノウハウを活用してポートフォリオを構築し、管理運営するために、資産運用会社は以下のサポート契約を締結しています。
・三井不動産レジデンシャル株式会社との不動産情報・アドバイザリーサービス提供に関する契約
・三井不動産リアルティ株式会社との不動産仲介情報提供等に関する覚書
・三井不動産レジデンシャルリース株式会社とのプロパティ・マネジメント業務に関する基本合意書